1.  > 
  2. サッカー > 
  3. 包帯固定で痛みを早く取る

包帯固定で痛みを早く取る

サッカー 2,267 Views

包帯固定で痛みを早く取る

捻挫、打撲、肉離れなど、ケガが起こった際にどんな対処法を選択していますか?

よくスポーツ現場でケガを起こした際にアイシングをしている姿をよく見ます。

ですが、そのあとは何もせずに湿布を貼っている選手たちを見かけます。

そのままの状態だと、ケガの治りが遅くなったり、再負傷する恐れがあります。

アスワングループでは、ケガの状態をみて包帯固定を行います。

包帯(固定)は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などで損傷した患部の安静保持、骨・関節・軟部組織の支持などを目的として使用します。

アスワングループでは、独自の包帯技術により患部をしっかりと固定し安静保持をすることで、患部へのさまざまな負担を軽減します。

それにより、包帯をしない場合に比べて日常生活での負担が少ないため、症状の治りがとても早くなります。

また、患部を包帯で固定してあげるだけで、支持力が保たれるため、痛みが軽減します。

治療によって痛みが軽減しても、翌日になってまた痛みが戻っていたということでは、治療期間もずっと長くなってしまいます。

治療後に包帯固定することで、治療効果を持続させ、日常生活での患部にかかる負担を最小限に抑えてあげることにより、早く痛みを取り除くことができるのです。

当院では、固定包帯の技術に絶対の自信がありますので、早く痛みを取りたいと思っている方は是非一度ご相談下さい!