1.  > 
  2. スポーツ障害 > 
  3. 靭帯損傷 > 
  4. 柔道による靭帯損傷の治療例: 膝関節内側側副靱帯損傷

NEWS&お知らせ

靭帯損傷

柔道による靭帯損傷の治療例: 膝関節内側側副靱帯損傷

柔道の練習中に右膝を捻り負傷し、歩行が困難な状態で来院されました。

膝関節の損傷では、側副靭帯や前・後十字靭帯、半月板などいくつかの損傷部位が考えられるため、まず、腫脹の程度や圧痛部位を確認し、検査やテストをしていき損傷箇所を特定します。

この患者さんの場合は膝の内側に腫脹がひどく、内側裂隙部に圧痛があり、テストをした結果、内側側副靭帯損傷と判断しました。

当院では、靭帯損傷の治療は
①関節のアライメントの修正
②電気治療により疼痛の軽減
③アイシングによる炎症軽減
④手技療法による筋緊張の緩和、腫脹軽減
と治療していきます。

その後、損傷部位への負担軽減を図るため、テーピングを施します。

最後に湿布を貼り、包帯と副子にてしっかりと固定します。

こうすることにより、患部の安静が保たれ、治癒期間の短縮に繋がります。

来院時、疼痛により歩行困難だった患者さんも
、帰られるときは歩行時の負担が無くなり、痛みなく歩いて帰られました。

ニシノ整骨院では、他院にない包帯技術により患部をしっかりと安静保持させ、早く治るように治療していきます。

  • ニシノ整骨院へのお電話でのお問合わせ
  • ご予約・お問合わせはこちら