1.  > 
  2. お知らせ > 
  3. スポーツをしている子供のかかとの痛み(踵骨骨端炎・セーバー病)

NEWS&お知らせ

お知らせ 321 ビュー

スポーツをしている子供のかかとの痛み(踵骨骨端炎・セーバー病)

こんにちは😄

ニシノ整骨院の井戸内です!

今回は、かかとの痛みの症例を紹介させて頂きます。

患者様は、サッカーをしている小学校5年生の男の子で、段々と右足のかかとが痛くなってきたと言って来院されました。

この症状の多くは、踵骨骨端炎(シーバー病、セーバー病)と言われます。

8歳~12歳に、よくみられます

「成長痛」とも呼ばれ、繰り返しの激しい運動によって、踵骨(かかとの骨)の端に衝撃や圧力が加わることで、

骨膜に炎症を起こして、痛みが出てきます。(アキレス腱や足底腱膜が引っ張る)

ランニングや、ジャンプで起こることが多いです。

症状≫

・歩くのは大丈夫だけど、走ると痛い。 

・ジャンプすると痛い。

・かかとを押さえると痛い。

・アキレス腱、くるぶし周辺も痛い。

治療≫

経過は長く、治癒したと思っていても再発することがありますが、治療の有無に関わらず年月が経てばほぼ完治することが多いです。

しかし、スポーツをする前はしっかり準備運動・ストレッチを行うことが大切です。

また、運動のしすぎで起こるものなので、過剰な運動や無理のし過ぎは禁物です。

当院では、手技療法・テーピング・ストレッチ療法等を行い、かかとへの負担を減らしていきます。

また、自宅でできるストレッチの指導もしています。

 

症状に心当たりがある方、かかとに違和感が出てきた方、お早めにご来院ください😃

 

 

最寄駅 地下鉄今里筋線 だいどう豊里駅 阪急 上新庄駅
東淀川区大桐2-5-8
アスワングループ ニシノ整骨院

 

  • ニシノ整骨院へのお電話でのお問合わせ
  • ご予約・お問合わせはこちら