1.  > 
  2. バレーボール > 
  3. 損傷部の特定で早期回復

バレーボール 302 Views

損傷部の特定で早期回復

バレーボールなど、ジャンプの多いスポーツをしていると着地をした際に、ふくらはぎを痛めることがあります。

いわゆる「肉離れ」です。

この肉離れ、そのまま練習すると痛みが引かないどころか、強くなる場合があります。

特に重要になるのが「どこを損傷したか」です。

損傷部が特定できないことには、早期回復が難しくなります。

アスワングループでは、損傷部を特定できます。

損傷部にチェックをします。

損傷の度合いによってテーピングをしたり

包帯で固定をし、患部の安静を保ちます。

その後、手技や運動療法、電気療法で早期にケガを治します。