1.  > 
  2. スポーツ障害 > 
  3. 捻挫 > 
  4. 足関節捻挫

NEWS&お知らせ

捻挫 965 ビュー

足関節捻挫

70歳代の女性

自転車で坂道を走行中に転倒し、左足を捻り

だんだんと痛みが増し、歩行困難になったと来院された。

荷重時に痛みが強く、歩けない

リスフラン関節に圧痛、腫脹があり、

アライメントの整復とアイシングのあと

包帯固定を行い、歩行ができる様になりました。

次の日に炎症による腫れが出現し、歩行しにくかったため、プライトン固定を行いました。

このプライトン、しっかり患部を固定できることと、来院時は患部の炎症を早くひかせる為にアイシングもできます。

非常に優れた固定法だと思っています。

その後、1週間後にプライトン固定をやめ

圧痛や歩行時痛が軽減していたため、テーピングに切り替え、手技にて痛みが消失していきました。

ケガをした時にしっかり固定し、安静を保ち、早期に腫脹をひかすことで、治りが早くなります。

  • ニシノ整骨院へのお電話でのお問合わせ
  • ご予約・お問合わせはこちら