1.  > 
  2. ブログ > 
  3. 腱鞘炎(ド・ケルバン病)

NEWS&お知らせ

ブログ 197 ビュー

腱鞘炎(ド・ケルバン病)

皆さん、ド・ケルバン病と言う腱鞘炎をご存知ですか?

ド・ケルバン病は手首の親指の付け根におこる腱鞘炎です。

親指を伸ばす腱は、手首辺りで長さ2㎝程の伸筋支帯という場所を通ります。

この部分で炎症がおこると、腱が腫れてしまいます。これが「腱鞘炎(ド・ケルバン病)」です。

その結果、腱が伸筋支帯を通れず、滑りが悪くなり痛みが出ます。

 

スポーツ選手や、手をよく使う方に多く見られますが、最近ではスマートフォンの使い過ぎでなる方もおられます。

 

症状としては、手首の親指側の痛みや、腫れが出てきます。

また、親指を動かすと同部位に強い痛みが走ります。

 

当院では、腫れている箇所にテーピング固定、包帯固定をして局所の安静を保ちつつ、

原因となっている周囲の筋肉を緩め、症状を改善していきます。

 

痛みを感じたら、お早めに当院へご来院ください。

 

 

 

最寄駅 地下鉄今里筋線 だいどう豊里駅、阪急 上新庄駅
東淀川区大桐2-5-8
アスワングループ ニシノ整骨院

 

  • ニシノ整骨院へのお電話でのお問合わせ
  • ご予約・お問合わせはこちら